紅花の歴史文化館トップ > 紅花関係写真等資料

カテゴリ: すべて 受粉 栽培 加工 化粧 旅行記 その他
地域:  日本 インドボンベイ デカン パキスタンエジプトアスワン カイロアフガニスタン ローマ トルコ エチオピア 中国 スーダン アメリカ

[分類] 種
23件
  1. ベニバナの種子の形態(エチオピア) [種]
    種子の形態は遺伝的(遺伝子)な要因でも異なり、環境要因(気象条件、土壌環境など)によっても違うと思われる。採油用に育種された品種は、種子が大型で縦長のものが多く、野生種に近いものほど、小型で三角錘状になりやすい。

  2. ベニバナの種子の形態(エジプト) [種]
    種子の形態は遺伝的(遺伝子)な要因でも異なり、環境要因(気象条件、土壌環境など)によっても違うと思われる。採油用に育種された品種は、種子が大型で縦長のものが多く、野生種に近いものほど、小型で三角錘状になりやすい。

  3. ベニバナの種子の形態(トルコ) [種]
    種子の形態は遺伝的(遺伝子)な要因でも異なり、環境要因(気象条件、土壌環境など)によっても違うと思われる。採油用に育種された品種は、種子が大型で縦長のものが多く、野生種に近いものほど、小型で三角錘状になりやすい。

  4. ベニバナの種子の形態(アフガニスタン) [種]
    種子の形態は遺伝的(遺伝子)な要因でも異なり、環境要因(気象条件、土壌環境など)によっても違うと思われる。採油用に育種された品種は、種子が大型で縦長のものが多く、野生種に近いものほど、小型で三角錘状になりやすい。

  5. ベニバナの種子の形態(インド) [種]
    種子の形態は遺伝的(遺伝子)な要因でも異なり、環境要因(気象条件、土壌環境など)によっても違うと思われる。採油用に育種された品種は、種子が大型で縦長のものが多く、野生種に近いものほど、小型で三角錘状になりやすい。

  6. ベニバナの種子の形態(山形) [種]
    種子の形態は遺伝的(遺伝子)な要因でも異なり、環境要因(気象条件、土壌環境など)によっても違うと思われる。採油用に育種された品種は、種子が大型で縦長のものが多く、野生種に近いものほど、小型で三角錘状になりやすい。

  7. ベニバナ種子表面の微細形態(エジプト産の表) [種]
    植物の種子(種皮)の表面の模様は「種紋」と呼ばれていて、それが特徴的な場合は、この種紋によって、品種、系統、産地などを推定することができる。ベニバナ種子の場合は、種紋はやや特徴的であるが、これはさらに多くの種子(品種、産地別)を観察しないと断定はできない。(山形産とエジプト産の比較では、表面はやや違うが、裏面は似ていると言えば似ている。)

  8. ベニバナ種子表面の微細形態(エジプト産の裏) [種]
    植物の種子(種皮)の表面の模様は「種紋」と呼ばれていて、それが特徴的な場合は、この種紋によって、品種、系統、産地などを推定することができる。ベニバナ種子の場合は、種紋はやや特徴的であるが、これはさらに多くの種子(品種、産地別)を観察しないと断定はできない。(山形産とエジプト産の比較では、表面はやや違うが、裏面は似ていると言えば似ている。)

  9. ベニバナ種子表面の微細形態(山形産の表) [種]
    植物の種子(種皮)の表面の模様は「種紋」と呼ばれていて、それが特徴的な場合は、この種紋によって、品種、系統、産地などを推定することができる。ベニバナ種子の場合は、種紋はやや特徴的であるが、これはさらに多くの種子(品種、産地別)を観察しないと断定はできない。(山形産とエジプト産の比較では、表面はやや違うが、裏面は似ていると言えば似ている。)

  10. ベニバナ種子表面の微細形態(山形産の裏) [種]
    植物の種子(種皮)の表面の模様は「種紋」と呼ばれていて、それが特徴的な場合は、この種紋によって、品種、系統、産地などを推定することができる。ベニバナ種子の場合は、種紋はやや特徴的であるが、これはさらに多くの種子(品種、産地別)を観察しないと断定はできない。(山形産とエジプト産の比較では、表面はやや違うが、裏面は似ていると言えば似ている。)